2人の女性作業員

瓦礫を再利用

作業員

瓦礫は捨てるのに何かと手間がかかる作業です。そのようなことをせずに建設の材料として再利用した方がお得です。そのために瓦礫を分けることを瓦礫選別といいます。瓦礫選別には大型の機械が必要なのでレンタルしましょう。

Read More...

お店から出るゴミは

工場

飲食店や商店から出るゴミは一般廃棄物といわれています。このゴミは普通に捨てることができません。各地方によって処分方法が違いさいたま市では廃棄物を処理する業者に依頼して処分するようにしましょう。

Read More...

廃棄物に関すること

2人の男性作業員

廃棄物処理には様々な決め事がありそれを廃棄物処理法といいます。この法によると産業廃棄物が生じる事業者は責任を持ってそれらを処理しなければならないという法律があります。

Read More...

産業廃棄物の使い道

工場

産業廃棄物とは工事などの事業活動で出てきたゴミのことをいいます。産業廃棄物の多くが燃え殻や汚い泥、廃油や廃プラスチックなどです。これらの産業廃棄物は中間処理場と呼ばれる施設に集められます。そこで産業廃棄物を種類別に分けていきそれを産廃選別といいます。産廃選別は機械だけでなく手作業で別けていき、リサイクルできる物や売れる物かを判断します。これを行うことによって今まで捨ててきた資源を再利用することで地球環境を良くすることができます。環境問題のために産廃選別はなくてはならない物です。処理場に持っていかずに自分達で産廃選別を行う企業もたくさんあります。その時に手作業だけで選別するのは大変なので機械を使用したら効率良く行うことができます。ですが、選別する機械を持っている企業はそう多くないはずです。そのような企業のために選別するための道具をレンタルする会社もあります。産業廃棄物を細かく選別できる機械やいろいろな物が混ざってしまった廃棄物を分けることができる機械を貸し出している会社もいくつかありますので、産廃選別を各自で行おうと考えている人はこのような会社で機械をレンタルしましょう。環境問題は世界規模で取り上げられている問題ですので産業廃棄物をなるべく出さないようにしなければなりません。廃棄物が出ても再利用することができるような物があればゴミの量はかなり少なくなります。それができるように産廃選別に力をいれるようにしましょう。

Copyright© 2016 企業のゴミを再利用しよう│産廃選別でリサイクル All Rights Reserved.